ゴルフ医科学研究所.png

飛距離を伸ばす医科学的アプローチ

ゴルフ医科学研究所

飛距離革命
新たな機器を使った医科学的トレーニング法

ゴルファーがゴルフを打ちます

ゴルフ医科学研究所について

ゴルフ医科学研究所は、ゴルフ上達を最も効率よくするために、医学的、科学的な理論とアプローチを用いて、特に「飛距離を伸ばすことに特化」した練習方法を提供したいと考えています。


ゴルフスクールに、医療のノウハウを持ったクリニックがサポートすることで可能になることは

  1. 世界の最先端科学技術を用いた医療機器を使用できる

    • 医療用インディバ For fatigue and recovery 

    • エムスカスポーツ For building muscles to improve your performances

  2. 筋肉の疲労回復やターンオーバーに必要な薬剤やサプリメントを処方できる

  3. 最新医学理論、解剖学、生理学、脳科学、栄養学に基づいた効率の良いトレーニングができる

  4. スイング理論の数式化により、科学的な分析及び対策ができる

  5. それらの医学的エビデンスを取得できる

 

 

これらのアプローチを用いてゴルフレッスンを行うことで、他社との圧倒的な差別化と効率化を得ることが可能になります。

 

ゴルフ医科学研究所設立にあたり

2020年世界はコロナ禍にみまわれました。日常生活や仕事はもちろんのこと、趣味や社交に至るまで、そのすべてをこれまで考えたこともなかった物差しで測らなければならなくなりました。初めての物差し、それは他者との接触距離、そして自身と他者を取り巻く換気状況を測る物差しです。それによって安全か否かをひとまず決めなければならない。慣れるまでまだ少々時間がかかることでしょう。 そんな中、安全にでき、且つ健康維持に良く、老若男女問わずできるスポーツとして、ゴルフを挙げることができます。一方で都内ではゴルフ練習場がほとんどなく、安全にゴルフの練習ができる場所があればと考えていました。今回、東京で最も住みたい地域に選ばれた、半蔵門駅、麹町駅の両駅より徒歩2分の場所に、ゴルフ練習場を開設することになりました。医師としての経験と監修のもと、ツアープロなどにも、コロナ対策を万全に行ったゴルフ練習場を提供することができるようになったと思っております。 私自身、研修医に初めたゴルフとの付き合いは、医師としての歴史と同じ26年となります。その間さまざまなゴルフ練習を試してきましたが、アプローチやパターなど練習次第で技術が向上するものと、飛距離のようにある程度恵まれた才能を持った人のみがメリットを得られる分野があることに気づきました。ゴルフ医科学研究所の掲げるノウハウを基に、それら全ての分野の計画を個別に立て指導することで、これまでにない対処法を提案してゆくつもりです。

142948827_2810373279281919_5246509286379

ゴルフ医科学研究所 所長

クリニックF 院長

医師 医学博士 工学博士 薬学博士

藤本 幸弘

 

トラックマン4

For measuring ballistic data to improve your approaches

 

身長や体型を問わず、プロのスイング軌道を体感することができる練習機器で合理的に上級者のスイングを習得できます。PGAプロが最も信頼して用いている、レーダーを使用し20以上の詳細な弾道データを計測することが可能な「トラックマン4」。 リアルタイムに、クラブの軌道、弾道、ボールの飛距離、着地がわかります。

trackman4.png
147756661_438366317577411_66821134609936

ゴルフゾンGDR

 

数あるゴルフ練習の中でも、LPGA公認、特にアプローチ練習に特化した機器であるハイスピードカメラを利用した「GOLFZON GDR」。緻密なショット分析とともに、実践に近い臨場感あふれる練習と、優れたデータ集計が可能になり、スキルの向上を実感できます。

エムスカルプト

For building muscles to improve your performances

飛距離を伸ばすには、単に筋トレをすれば良いというものでもありません。ゴルフに必要な筋肉は、あくまでバランス良いスピードあるしなやかな筋肉です。レッスンプロの診断により、スイングの速度を上げるために必要な筋肉を決定し、独自のプロトコルで医療機器エムスカルプトを利用してトレーニングを行います。

147234802_430009174981916_91412307584099

医療用インディバ

For fatigue and recovery

 

疲労時には、伸筋群、屈筋群ともに、アクセルとブレーキが中途半端にかかったような状態になりますので、頭でイメージした通りの体の動きができなくなります。 医療用インディバは、世界の著名プロゴルファーやジョッキー、プロサッカー選手などが、疲労回復と筋肉のメンテナンスに使用しているラジオ波による深部加温機器。筋肉の復帰には、温泉以上の効能があるとされています。酸素カプセルとともにゴルフ後の疲労回復と、筋肉のリラックスに使用します。

※クリニックF 藤本医師は、インディバジャパン社の医療顧問医師です。

酸素室

疲労回復と血行改善に効果的な酸素室を完備

 

疲れは、筋肉に乳酸が溜まっていくと感じるようになっています。 肩のコリや身体のだるさも乳酸の仕業です。 酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出します。 プロ野球チームやサッカーチームなどが酸素カプセルをチーム内に設置しているのは、 この効果を狙ってのことが多いのです。 イングランド代表のサッカー選手、ベッカム選手が、ワールドカップ直前に骨折をした後、 驚異的な回復を見せました。 この時ベッカム選手が使ったといわれるのが高気圧酸素療法です。 酸素カプセルも、ケガの回復には同じような効果があるといわれています。 というのも、筋肉や靭帯の損傷や骨折などで傷ついた細胞を再生するには、多くの酸素を必要とするからです。 また、手足の末端にまで届く溶解型酸素は、細胞の活動を活発にし、血行を促進します。

147271226_442261827223513_78140595791778